ホーム > 製品紹介 > 緑化階段工 ターフ

緑化階段工 ターフ

ターフの概要

大小河川、池の法面(土手や川辺の斜面)を保護すると共に、河川護岸に於ける自然景観や親水性のニーズに対応する工法として開発しました。

技術の特色

  1. 連接ブロックへの覆土をしたいとの意向から開発されたブロックですので、治水効果は従来の連接ブロックと同様の効果があり、その上、法面の内部にコンクリートを隠し、間伐材等を利用できます。
  1. 間伐材を階段状に使用し、緑化を施すことにより、自然景観の一体化が図れる。
  1. 平場に芝草や花を植生することにより景観が向上します。
  1. 水際に水生植物を植生することにより昆虫等の生態系の環境良化。

技術のまとめ

コンクリートブロックに擬木、間伐材等を接続させ、盛土により階段を作り自然にマッチした環境を作り出す事を目標に作り出された製品です。